好きなモノを好きなだけ♪

もーなんでもアリ。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

モエレ沼公園  

DSC_0509.jpg

DSC_0484.jpg

念願のイサムノグチ設計モエレ沼公園。いけてほんとよかった〜
スポンサーサイト

category: その他

thread: デジタル一眼レフ - janre: 写真

tb: 1   cm: 0

桜のじゅうたん  

sakura.jpg

雨で散っちゃったね。。。
桜色の絨毯になっていました。

category: 花/植物/自然

thread: ある日の風景や景色 - janre: 写真

tb: 1   cm: 0

夜桜  

88.jpeg

22.jpg

夜桜ー!大岡川沿い!
今年はピッタリの時期にお花見できたね(^^)♡

category: iPhone

tb: 0   cm: 0

impellight -かざぐるま-  

好きなモノを好きなだけ♪
実に自分に都合のいいネーミング!

また今回も写真ではありませんが。
自分の卒制、「Impellight -かざぐるま-」について。

卒業制作「Impellight -かざぐるま-」(別ウィンドウで開きます)
画像と概要についてはJDN(ジャパンデザインネット)さんが記載してくださっています。

これを考案した軸のコンセプトは「昼間でも活躍する照明」
街灯って夜は夜道を照らしてくれたり、みなとみらいやミッドタウンみたいな
ところだったら、ムードを演出してくれていたりと大活躍するものだけど、
昼間の消灯時って邪魔じゃない?っていう問題提起から始まりました。

実はこのテーマの前には住宅街の防犯灯というテーマで、
犯罪を抑制するといった視点ではなく、誰もが心安らかになる
照明計画により、安心して歩ける街づくりを目指すといったテーマで進めていました。
既存の防犯灯だと、電柱についている形であり、
夜道をスポットライトのようにポツポツと照らす程度で、
逆に暗がりが発生し明かりがあることによって、暗く見える道というのが
とても寂しく、恐怖心を覚えるものだと実体験により感じていたからです。

人々にとって安らげる明かりとは何か?といったことを考えているうちに、
やがて照明の在り方について考え、夜という明かりが必要な時間帯よりも
昼間の、太陽が出ている時間について考えるようになりました。
そして住宅街の防犯灯というのは、公共の物である故に、現在の交通法や、
人々の動線、環境視点などで考えると、住宅街そのものの在り方や
交通法の在り方にまで発展し、「照明」というテーマから大きくそれていきました。
創造以上に壮大なテーマだった為、プロダクトデザインの範疇を超えていると気づき、
テーマを変更することに決めました。

そういった経緯で、上記のコンセプトに決定することとなったのです。

そこで出した答えは、
「昼間でも風力発電機として活躍し、夜は光りながら回る有機EL屋外照明」
(長いですが)です。

光源自身がプロペラの役割を果たし、
風力発電で蓄電した電気により夜発光するというもので、
発光時の夜間でももちろん、風力発電機として役割を果たすので
光りながら回るかざぐるまといったビジュアルが実現可能なのです。

日本人になじみのある折り紙をモチーフにしており、
かざぐるまはバラすと長方形を二等分割した形になるので、
有機ELの製造工程上もムダのない形になっています。

テクノロジーの面では、有機ELは現在大変高価であり、
照度も屋外照明としては頼りないものですが、
大手企業の研究により、照度も上がって来ており、
未来にはLEDに代わる光源として注目されているので、
将来を見越しての提案にはなると思います。

風力発電機付きの屋外照明は、これまでにも何点かありましたが、
有機ELを使用することにより、今回の光るかざぐるまといった
デザインが可能になったと言えます。



来場者の方の声で一番多かったのが
「エコだね」という意見でした。

3.11以降、原発問題などを抱え
我が国では次世代のエネルギーについて考えなくてはならなくなりました。
そういった背景があるからでしょう、
わたしのこのデザインについて、やはり皆さんは
風力発電という「自家発電」というところに着目されていたように思います。

たしかにモノをデザインするうえではこういったエネルギーについてや、
環境問題、ゴミ問題についてなど、考えなくてはならないことはたくさんあると思いますし、
そういった視点からデザインを制作することも必要だと思います。


しかし、わたしはそういった視点から
このImpellightという照明を考えたのではありません。

エコという言葉は最近、ひとり歩きしているようでならないのです。
エコバッグを代表とするエコデザインを大量生産しているといった矛盾。
エコといえば、必ず環境によいのでしょうか。
そもそも環境によいということはどういうことなのでしょうか。

物事の本質を考えて行動しないと全部本末転倒になってしまいます。
震災による原発問題も、人が便利に生活したいために
設置された発電所なのに、人に害を及ぼすものとなってしまったという
とても哀しい事故でした。


でも答えはすっごくシンプルなんだと思います。
エコロジーの本質とは、
人間が住み良い世界にするためにはまず地球自身が健康である、ということ。


先生が仰っていた、デザインはかっこよくて当たり前で、その背景にあるビジョンが大事ということは
エコロジーについても言えると思います。

デザインは環境によくて当たり前でかっこいいもの。


わたしたちは環境についても当たり前のように考えなくてはならない時代に
生まれて来ました。
だからエコというテーマでデザインするのは少し違うのかな、と思います。
もはやそんなことはデザインプロセスにおいては当たり前なんでしょう。

それをふまえた上で、
わたしは昼間でも活躍し、外見も美しいと思えるようなデザインを考えました。
風力発電がメインなわけではないんです。
美しいものというのは安らぎを与え、安らげる空間はきっと
人間にとって住み良い環境なのでしょう。


ものを生産するということは、
ゆくゆくはゴミになるものを生産しているということです
そのことを踏まえたうえで、
やれエコだなんだという言葉に惑わされずに
現状をしっかりみつめ、本質を捉えたデザイナーになれるように
わたしはずっと努力していきたいと思います。


それがわたしの1年間を通して渡辺ゼミで学んだ事で、
Impellightという答えです。


文章が至らなくて伝わらない点も多いかとは思いますが
以上が今のわたしの考えです。
卒展会場でのプレゼンで伝えられなかった背景を
ここで綴ってみました。


5/3 文章一部訂正

category: その他

tb: 4   cm: 0

いままで  

このブログの趣旨というものが本来は写真ブログってことで
わたしが見てきたものを静止画で残していくっていうことが
ずっと目的だったんですけどね。

今回はちょっと文章を綴ってみたいと思います。
mixiやfacebookと違って全く更新しない場所だから
あまり人に見られてないと思うので。。。

見て欲しい気もするししない気もするので
ここが一番かなあと。


まあ、今までどおり、好きなモノを好きなだけ♪
ようするに自己満足の自分語りです。



言っておくけどかなり長いよ??







今回桑沢デザイン研究所という専門を卒業しまして
自分の人生における学生生活が全部終了したわけです。

桑沢に入学してから、ちょうど成人も迎え、
特に22歳になってからの去年は、自分の人生について考えるようになりました。

わたしのこれまではというと、
一応小さい頃からものづくりや何かを表現したりということが
すっごく好きで、それを見かねた両親が
造形教室に通わせてくれたり、道具もたくさんそろえてくれたりと
かなり自由にやりたいことはなんでもやらせてくれる環境でした。

嫌なことを強要するようなことも一切されてこなかったので
ずっとずっと今迄ずーーっと興味あることしかやってきませんでした。
(だからたまに当たり前のことを知りません 笑)

父もずっと仕事人間で、授業参観などの催しにきてくれた事はあまり記憶にないのですが
わたしは不思議とそれに全く不満がありませんでした(妹はだいぶあったみたい)

っていうのもわたしの父は好きな事を仕事にしている人で
仕事の話を聞くと、まるで少年みたいにキラキラした目で
たくさんたくさん、もういいよってくらい話してくるから、
そんな楽しそうに仕事をする父が好きだったし、それが当たり前だと思っていたからです。

だからずっと、幼い頃から大人はみんな、自分の好きな事を仕事にしているんだって
当たり前に思っていました。幼稚園くらいのころからずっと早く大人になりたいって思っていました。


やりたくない仕事をしている人がいる、むしろそういう人が多いことに気づいたのは
高校生になってからでした。周りで就職活動をする子がいたり、
就職してもすぐ辞めてしまうような子もいたからです。
本当にショックを受けました。

そこで初めて、わたしが好きな事だけをやって生きているということが
実はとっても特殊だということに気づいたんです。

高校でてからは、すぐに進学せずに
桑沢での生活についていけるように、くじけてしまわないように、予備校に通って
お金を貯めながら基礎を勉強する道を選びました。
(途中で美大目指したいなって思った時期もあったけど、
高校で履修してない科目があり受験資格がなかった;笑)

でもほんとに、予備校行ったのは正解でした。
美大入試の参作に載っちゃうようなハイレベルな子がゴロゴロいるところで
刺激をたくさん、受けました。


桑沢入学してから1年生のときはというと
ホントに何も考えずに、無邪気に作品づくりを楽しんでいました。
受験のときの作品が作品集載ったときは嬉しかったなあ~
服作った事ないのにファッションショー出せた事も嬉しかった。
挑戦することの楽しさに気づいたのはこのときから、かな?

2年生では辛い事がたくさんあった気がする。
プロダクトに進んで、最初のお弁当箱のデザインが入賞したときは
本当に嬉しかったし、もっともっと上に行きたいっていう気持ちもでてきました。
この年もファッションショーに出展して、入賞できなくて初めて悔しいって思った。

ホテルのクリスマス装飾では初めて代表を努めたけれど、
こんなこと言っちゃいけないけど、正直うまくいったって思ってないです。
自分の不甲斐なさにびっくりしました。デザインがとか出来が云々とかではなく(それもあるけど)
わたしが代表だとかリーダーを努めるにはまだまだ努力不足だって痛感して辛かったです。
この年の暮れにはグラフィックデザインの事務所でインターンを初めて、
某社のノベルティとして製品化してもらえたり、
自分が関わった作品が世に出る喜びを知りました。


3年生では、好きな事だけをして、生きて行くことの難しさを知りました。

正直卒制が本当に辛くて、逃げ出したいって思ってました。
でも、幼いころから好きな事(デザイン関係)しかやってこなかったわたしには、
今更引き返すところもなくって進むしかなくて、それが本当に苦痛でした。
それを母にブチまけちゃって、母にも辛い思いさせてたな、とも思います。
本当に悪いことしたなあ。。。


ずっとやっていたテーマをギリギリになって変えることになった時には
悔しすぎて、初めて泣きました。今でもずっと後悔しています。
でも、ファッションショーで「円」を出展して、
人気投票1位で表彰されたときには泣く程嬉しかった。
3年間連続出展して、本気で取り組んでいたからこそ、
心底嬉しかったし、立ち直るきっかけになったと思います。

卒展では、来場者に嬉しい声を頂けて嬉しかったです。
あのテーマで進めることはできなかったし、うまくいったとは思っていないけど、
きちんと3日間、逃げずに作品の横でプレゼンしつづけてよかったなって思っています。


好きな事だけをして生きて行くということは、
実は一番難しいことなのかも知れません。
強い心を持っていないと、くじけたときに逃げ道がないからです。
ほんと孤独だと思う。
わたしがこれまで生きて来て、実感したことです。

でもみんな孤独だから、自分も頑張ろうって思えるようにもなりました。
共感してくれる人がいたし、
もう離れてしまったけど、逃げ道になってくれてた人もいたから。
感謝してるし、居てくれてよかったって今では思っています。


ずっと楽しそうに仕事してた父も、きっとその影には
辛い事もたくさんあったんだと思います。
ましてや自分以外の3人も養っているわけだから、
もちろん家で弱音を吐くことなんてできないよね。
母の前ではだいぶ愚痴ったりしていたみたいだけど、
それでもわたしたち子どもの前ではそんな姿1度も見せなかったなあ。。
改めて尊敬しました。



いろいろ考えて、やっぱりわたしは辛いけど大好きなデザインという道を
ずっと進みたいって思いました。
小さい頃から自分のなかで変わっていないところは、
自分に正直なところだから、
諦めて別の道なんてことは到底ムリなんだと思います。笑
というか、すべて自分で全部好きなように選択してきたわたしには、
流されるままの人生という概念自体がないのです。(最近気づいたこと 笑)
だからこれまでの人生に全く後悔してないんだけどね。


父母は相変わらず好きなようにすればいいってスタンスなので
思いっきりそれに甘えてしまおうと思います。


両親好きすぎて言葉にならない。笑



父のように業界において唯一無二の仕事をする存在になりたいし
母のような良妻賢母になれるよう、努力していきたいと思います!

まずはどこかに就職してスタート地点に立てるように。
仲良くして頂いてる皆さんにはこれからも破天荒なわたしを
見守っていて欲しいです。よろしくね。




自分語り終了~。

category: その他

tb: 2   cm: 0

京都 卒業旅行  

293727_358198777558324_100001046156872_1100847_1986595115_n.jpg

563960_358198694224999_100001046156872_1100844_2051666019_n.jpg

530649_358198710891664_100001046156872_1100845_1358631461_n.jpg

清水寺の期間限定夜の参拝ができました!
素敵すぎて満足だったなあ~~

category: 夕景/夜景

thread: デジタル一眼レフ - janre: 写真

tb: 2   cm: 0

sunrise  

DSC_0834.jpg

いつかの朝焼け

category:

thread: 空の写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

結露  

RIMG2294.jpg

マックのストローの結露。
ほんとそれだけ 笑

category: 雑貨/静物

thread: RICOH DIGITAL CAMERA - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

tokyo tower  

RIMG2135.jpg

森ビルからみた東京タワー

category: 建物

thread: RICOH DIGITAL CAMERA - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

SHIBUYA  

RIMG1960.jpg

卒制の調査用に撮ったやつの一部。
19時くらいなのに明るいんですねー

category: 夕景/夜景

thread: スナップ写真 - janre: 写真

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。